5年前の自分を振り返る

マンハッタンは快晴続きで、びっくりするくらい心地よい日が続いている。

こんな晴れた日には、頑張って早起きをして、自宅の周辺を散歩して、近所のカフェでコーヒーを飲んだり。マンハッタンのビル群が見えるルーズベルト島の眺めが、私はとても気に入っていて、今しかない豊かさを、じっくり味わうことにしている。

 

新学期が始まり授業が本当に忙しくなり、一方で、せっかくの留学生活なので、もっと時間を有効活用したくって、予定を詰めすぎて無茶してしまったり。もっと高い目標を掲げて頑張らなきゃ!って思い詰めすぎてしまったり、していた。

そんなとき、ふと目にしたのがアダムグラントの言葉。

 

If you knew 5 years ago what you’d accomplish now, how proud would you have been?

 

ちょうど5年前、私は香港で生活していた。20代半ばで初めて海外で転職をして、香港での一人暮らしで精一杯だった。それから、ロンドンに転勤になって、念願だった起業も実現した。米国のMBAで学ぶことは、5年前の私には想像できていなかった。そしてこれからはもっと、ニューヨークで豊かな生活を実現すると決めている。

ふと他人と比べてしまいそうになる時、今の生活で忙しすぎて手一杯になる時、アダムグラントの言葉を、思い出すことにしている。

 

 

アダムグラント