行動力について

10月に入ってから、一気に人と会うチャンスが増えた。一つは、就職活動や起業関連で、私から色々な人に会いにいくパターン。もう一つは、MBAアプリカントの方がNYCにキャンパスビジットに来てくださる(もしくはZoom会議する)パターン。

 

30代前半ってとても面白い年代だなと思うのは、自分よりも年下の方からアドバイスを求められる機会もあれば、目上の方にアドバイスを頂く機会もあるということ。まだまだ自分の経験が浅いことを思い知らされる機会が沢山あることは、本当にありがたいことだと思う。

 

MBAアプリカントの方と直接お会いしたり、お話しするのは、実は日本人以外の方からLinkedIn経由で連絡を頂くケースが多い。特に香港人や中国人の女性から連絡を頂くことが多い。コーネルテックの私の学年で、香港人や中国人の女性がほぼいないことが理由だと思う。クラスサイズが70名にも満たないプログラムなので、そういう年もある。

香港人の女性は、LinkedInで私のプロフィールを見つけて、私が香港での勤務経験があることを確認して、わざわざ丁寧にLinkedInでメッセージを送ってくれた。そんな彼女の行動力が、本当に凄いなと思った。

私が逆の立場だったら、国籍も出身大学も異なる何も共通項のない人に、突然LinkedInでメッセージで送る度胸なんてなかったと思うから。

 

一方、日本人のMBAアプリカントの方から直接ご連絡頂くことは、実はあまりない。日本人は遠慮しちゃう文化だからなのか、行動力という点で、どうしても他国のアジアからの留学生に一歩負けてしまっている気がする。こうした小さな行動力一つだけで、受験や就職活動の結果が決まるわけではないけれど、人と繋がるチャンスを逃してしまっているわけで、とても勿体ないと思う。

香港からはるばるキャンパスビジットにいらっしゃる方が、私よりずっと年下なのにとてもエネルギーのある女性で、何だか私の方がすごく勇気づけられて、私ももっと行動力を、高く保てるようにしなきゃと思い直した。

 

*

写真は、週末に行ったブルックリンにあるアンティーク店。この週末は三連休で、ブルックリンの街並みも一日中人で賑わっていた。