目線を上げて取り組むということ

ニューヨークに暫く残ろうと決めてから、英語の勉強を地道に続けていた。

少なくとも、ビジネスの場できちんとスピーチしたり、ニューヨークの投資家を相手にピッチをしたり、という高いレベルの英語力を身につけておきたかった。

日本人の場合、トップスクールMBA出身者でも、ネット上で英語のスピーチなどを聞くと、「在米経験が長い割には、英語のスピーチに関しては、そんなに努力されてらっしゃらないんだな」と思うケース、結構ありますよね。

たとえば、全体的にはFluentに話す努力をされているけれど、細かな発音は雑に話しちゃってるなとか、発声の改善までは取り組まれていないな、とか。

その壁を、乗り越えておきたかった。

 

こうしてアメリカに来て未だに英語の勉強をしていて、今になって考えると、MBA受験に求められる英語力っていかに低いレベルのものだったかが分かる。

どうしてもっと早い時期に、もっと目線を上げて勉強に取り組むことができなかったのだろう、って思う。MBA受験にたとえるなら、単に志望校合格をめざすだけでなく。

MBAだって本当は、入学後・卒業後の努力の方がずっと大切なのに、ふと切羽詰まっていると、目先の目標しかみえなくなってしまうことが、あった気がする。

 

目標は高く、けれども無理に急ぐことはせず、「もう一歩」踏み込む努力を、ずっと続けていけるようにしようと思った。