Integrityの意味

英語で言うIntegrityの意味は、日本語に直訳すると、「誠実さ」といった訳になる。

けれど、ビジネスの場でIntegrityという単語を使うなら、それは「愚直に正しいことをやり続ける実直さ」「ブランディングに沿って愚直に努力し続ける高尚さ」みたいなニュアンスになる。

(とはいえ、普段の日常会話で、Integrityという単語を使う機会は殆どない。)

 

*

常に長期的な視点を持ち、短期的な、目先の結果だけに一喜一憂しない実直さを、持ち続けたいと思った。

 

たとえば以前、そこまで親しい訳ではない知人から、きつい言葉を言われて、ずっと心に棘が刺さった気持ちで、日々を過ごしてしまうことがあった。

(もっとも、言った本人は、私のことなんか忘れているだろうし、このブログを見てなんかいないと思う。)

他人からの言葉や、評価で、傷つく自分に負けない、強い何かを持ち続けたいと思っていた。

 

*

MBA留学ブログと称していながら、MBAについて何も書いておらず恐縮なのですが、MBAでの一年間よりも、これから過ごす次の一年間の方が、私にとってはずっと大切なものになっていた。

留学から派遣元の会社に帰った日本人が、「留学生活は人生で最高の一年間(あるいは二年間)でした」とか発言をするのを耳にすることがあるけれど、それって結局、その人が卒業後にリスクをとっていないだけだと思う。

MBA留学も所詮「学生」という立場なので、その後どれだけのリスクを取れるかが、「わざわざ今の時代にUS MBAに私費で行った」価値を左右するものだと感じている。

どんなトップスクールだろうが、どのプログラムで学ぶか、といったことはあまり関係ない気がしている。

(私は意識高い系の人間ではないので、あまり真面目な記事とか書いたりしませんが。。)