We didn’t go to Harvard

今日は、元ヤフーCEOのマリッサ・メイヤーが、コーネルキャンパスに講演に来ていた(写真)。

最近話題のデータ関連の話題が中心で、とても刺激的だった一方、講演に行く前にもっと予習して勉強しておけばよかったなと反省。

学んだことをもっと細かくブログに書きたい気もする一方、記事を纏める時間的・精神的余裕が、今はない。

 

その後は、MBAのクラスメイトとルーフトップでパーティーをしていた。

 

 

天気が良くて本当に気持ちよかった。

 

 

クラスメイトで元バーテンダーの子がいて、お酒を自家製で用意してくれます。感激。

 

お酒を飲みながら、歌っていた曲は、We didn’t go to Harvardという曲。コーネル卒業生なら、誰もが知っている名曲らしい(私は今日まで知らなかった)。

元はビリージョエルの曲を、コーネル仕様に替え歌にされ、有名になった曲らしい。歌詞の内容といえば、

Harvardには行けなかった、だってコネも何もないし、

けれども僕らはHarvardみたいに自惚れてなんかない。

Cornellは人里離れた山の中にあるし、でも僕らは気にしてなんかないし。

みたいな、思いきり大学受験失敗ストーリーを描いた曲なんだけど、みんなで歌って楽しく過ごせるから不思議。。

 

 

昼間からゆっくりお酒を飲んで、We didn’t go to Harvardを歌っていたら、もう一年があっという間に過ぎ去ったことを感じて、少し切なくなった。

あっという間で、本当に素晴らしい一日だった。。

 

こんなに豊かで、平和な時を過ごせて良かった。