新しい習慣

MBAを卒業してからの一か月間は、新しい『習慣』を徹底する一か月間だった。

『習慣』という単語よりも、英語で言うDaily Ritualsという単語の方が、今の心境にぴったり当てはまる。

 

*

一つ目は、英語の勉強を徹底して続けること。Recode Podcasts から、好きな女性スピーカーのスピーチを選んで、気に入ったパラグラフを暗唱して毎日繰り返す、という勉強方法を日々の習慣にしている。

暗唱して、リズムや発音をミスせずに繰り返せるようになったら、新しいパラグラフへと進んでいく。

これは、アメリカ人の話し方のリズムとか、抑揚の付け方を学ぶにはちょうど良い方法だった。ネイティブスピーカーのボキャブラリーを学ぶという意味でも良かった。

日本人の英語学習者の中には、「NHKニュースのバイリンガルアナウンサーの話し方を真似する」のような勉強をされている方もいて、それは否定しないのだけど(要は、ネイティブではない日本人バイリンガルから学ぶ方法)、私はアメリカで働く人なら、まずはアメリカ人の英語を学ぶべきだと思っている。

 

二つ目は、Financial TimesやWSJ、あとHarvard Business Reviewなどの多少お堅いニュースサイトを、毎日時間を決めて読むことを習慣にした。Financial TimesやWSJは、トピックも豊富で、幅広い知識が身につくので本当に素晴らしいサイトだと思う。

しかしながら、MBA在学中は学生アカウントで無料で読み放題であるにもかかわらず、時間をとれずにしっかり読めていなかった。情けない。。

そればかりか、Harvard Business Reviewについては、年間契約で99ドルも支払っていながら、MBA在学中の最後の方は、授業だけで手一杯になり、全く読めていなかった。最近は、毎日時間を計って「読むことに集中する時間」を設けることにしている。

決めた時間内は、余計なメールチェックしたり、ソーシャルメディアを見て集中力を散漫とさせないことがポイント。

 

三つ目は、ウェブ周りの勉強を続けること(現在進行形で苦戦中)。現在、Square Spaceを使って会社のウェブサイトを構築中。以前はWordPressを使用していたものの、機能面などを色々考えて乗り換えを決断。

しかし、Square Spaceのようなツールを使うとしても、やはりある程度は勉強時間が必要で、意外と時間がかかってしまっている。

 

そして、英語のオーディオブックにも挑戦しようと思った。しかし、長時間の英語のリスニングコンテンツって、ちょっとした移動時間などに細切れに聞いても、ほとんど内容が記憶に残らないと気が付く。。

ポッドキャストも、1時間を超えるプログラムは、よほど興味のある内容じゃないと聴かないし。(途中から聴き直した時、前回まで聴いた内容を覚えておらず、面倒になってしまうため・・・)

私がオーディオブックから得られる唯一の効用は、「まるで自分が努力して勉強してるかのような、自己満足感を得られること」のみであると気が付く。これは虚しいと思い、断念。

 

いずれも、このブログをたまたま目にされている方にとっては、「こんなのMBA留学以前から、誰でも毎日やってることじゃん」などと思われるような、小さな習慣かもしれない。

そう、一度習慣にしてしまえば、一つ一つは全然大したことがない。

それでも、生活のペースが変わるタイミングだからこそ、小さな習慣を大切にしていきたいと思った。