行動

月並みな表現ではあるけれど、「行動し続けること」は、リスクを取ることや、勇気を持って決断し続けることと同じくらい、大切なことだと思っている。

 

今日、会社のウェブサイトを更新していて、「自分の書く英語表現、大丈夫かな?アメリカ人から見て、稚拙ではないか?」って少し不安になった。

けれども、一瞬だけ悩んだ結果、このままリリースすることにした。100%の完璧なクオリティを求めていたら、いつまで経っても何も始められないし、そうしているうちに「やっぱり止めておこう・・・」ってなり兼ねない。

 

だから、自分の中で100%納得いくクオリティでなくても、とにかく少しずつ前進する。前進できる行動を取り続ける。ということを意識することにしている。

先日、ブログに更新した動画も同様で、わざわざ私のブログを見ている知人など殆どいない訳だし、「US MBAのくせに大した英語力じゃないじゃん」と知らない人から笑われたところで、私には関係ないのだし。

そもそも、このブログを見ている知人が仮にいたとしても、大半の人はYouTubeの再生ボタンを押して動画を観ることまではしないだろう。。

 

*

今更ではありつつ、Kai-Fu Lee氏の AI Superpowers (International Edition): China, Silicon Valley, and the New World Order を読破中。

中国や世界のAI活用の状況がとても上手くまとめられている良著。私個人の感想としては、AIと人間の労働がどのように共存するか?といった視点や、今後AIに代替されていく職種の予測・分析などが面白かった。

ちょうどFTの記事で、ソフトバンクの孫さんが「日本企業のAI活用が遅れている」と指摘している記事が掲載されていたけれど、孫さんの指摘も、本当に今更過ぎる。どうしてもっと早く、何とかしようと動かなかったのだろう。

こういうAI関連の本を読んでいると、日本は今後大丈夫なのかな?という思考がますます強くなる。。

MBA在学中は、こうした分厚い本を読むのが億劫になり、暫く自宅で積読状態だったものの、改めて読んでみて良かった。

 

 

読書にしろ、仕事にしろ、本当に小さな行動の積み重ねで、いつか大きな成果につながるものだと、思う。