心掛けていること

最近、趣味で始めたことの一つに、通訳の勉強というのがあって、Zoomでプロの通訳者の方が提供しているプログラムを受講しています。
 
MBAを卒業してしまって、勉強する分野がなくなってしまい少し寂しくなった時期があり、積極的に新しい分野について学んだり、趣味の領域の勉強をすることにしています。
 
授業は週末に隔週で、授業のない週末は、同じクラスの方々と勉強会を開催していて、モチベーションの維持にすごく良い。
 
あと、先生も勉強方法について色々アドバイスをくださる方で、やっぱりお金おかけて投資することで、勉強効率が上がるし、より多く学べると感じています。
 
 
*
 
そもそも通訳の勉強をしようと思ったのは、日本で働き始めてから、日本法人で勤務する外資系企業の幹部の方々も、意外と英語が得意でない方が多い、ということに気づいたからだった。
 
特に、社内レベルでのLingua franca (英語が第二言語であること)を前提とするレベルのコミュニケーションであれば、何とかできるものの、US本社の人間と、非ネイティブへの配慮のない環境でコミュニケーションは苦手、という人はとても多い。
 
そもそも日本人で英語が本当に堪能な人って少ない。
 
帰国子女を名乗る方でも、高校以降で渡米されている方は、かなり英語力にバラつきがあって、本当に英語が上手い方は、相当自分でも努力をしているか、家庭環境が余程恵まれている人だと思う(日本育ちだけど、インターナショナルスクールに通っていたとか)。
 
だから、今から英語力をさらに高める訓練をしていても、損することはない気がしたし、むしろ役立つことの方が多い気がした。まずは趣味の領域で、社内通訳を自分でやってみようと思っています。
 
 
 
**
毎日忙しいながらも勉強時間を確保するコツは、「予めスケジュールに勉強時間を入れておくこと」だと思う。私は1日1ページのバーチカル型のスケジュール帳を愛用していて、1日のスケジュールについて、前日夜のうちに細かく計画しておくことにしています。
 
前日夜のうちに、休憩時間も予めブロックしておき、「もし空き時間ができたらやること」もリストアップしておくようにしています(大抵、読書か料理の時間になります)。
 
以前、Googleスケジュールのみでスケジュール管理を試みた時期もあったものの、結局は紙のスケジュール帳に書き込みしていく方が、使いやすいと思ってしまって。。この辺りは、やっぱり昭和の人間なのかも。
 
 
若い時は、30代になっても未だに英語の勉強をしているなんて(しかもお金をかけて)、想像もしていなかった。
 
けれど、趣味で勉強している分野が複数あることって結構楽しくて、毎日楽しい人生を過ごしていることに結構満足しています。