トレードオフ

あらゆる意思決定はトレードオフを伴うと理解していても、後から振り返ってふと「これで良かったのかなぁ」と思うことが、ある。
 
 
私は過去の決断においても散々失敗をしてきたし、それも、大分時間が経ってから「あの時失敗だったな」なんて思うことも多い。今回、転職を決断するにあたっても、すごく悩んだ。
 
 
*
 
高校時代、私はバスケ部に所属していて、部活の雰囲気や人間関係がとても良く、チームがとても好きだった。厳しいトレーニングに耐えて高3の夏まで部活を頑張って、当時はすごく達成感があった。
 
「部活をやり遂げる」のような経験は、グリットを鍛えるには良かったのかもしれない。今でも気軽に会える仲間がいるのも素晴らしいことかもしれない。
 
けれども私は、MBA留学をした時に、自分の10代20代の過ごし方が間違っていたような気がして、なぜもっと勉強だけに集中してこなかったのだろう、と100回くらい後悔をした。
 
周りのアメリカ人や中国人、インド人がみんな頭が良すぎて、彼らとの家庭環境や受けてきた教育の差に圧倒させられ、それはもう自分の人生を悔いるしかなかった。
 
 
**
 
そんな折、とある先輩に久しぶりに連絡したところ、「今は福岡に移住して、サーチファンドをやっている!」とのことだった。
 
彼は私の中では、典型的なMBAキャリアの人だったから、すごく驚いたなぁ。。
 
こういう時って不思議で、自分の中でぼんやりと「やっぱり好きなことをして生きる働き方がいいよなぁ」なんて考えていたら、そういう働き方や決断をできている人と自然と接点ができるようになっている気がする。
 
きっと彼の決断も「安定した大企業の待遇や肩書を捨てる」ことのトレードオフなんだよね。
 
先の見えない時代だからこそ、どうせならリスクをとって好きなことをしようと決断する人が、増えているのかな。そんな気がしました。
 
 
後悔してもどうようもない過去について思いを馳せるのではなく、もっと「この先の人生で何ができるのか」にフォーカスしていきたいと、思いました。
 
 
***
 
まずは文章を書く訓練をしていこうと思い、毎日ブログを更新することを目標にしているのですが、想像以上に見ていてくださる方が多く、より役立つ情報発信をすることを目標にしていこうと思っています。