ストレングスファインダー

 

今更ですが、さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0という本を購入しました。

理由は、米ギャラップ社が開発・販売しているストレングスファインダー というテストを受けるため。新品の本を購入すると、テスト用のコードが付与されます。

ストレングスファインダーのテストは、Webテストで177個の質問に回答することで、34の資質から回答者の才能を導き出きだしますよ、というもの。今回初めてテストを受けました。

結果は、以下の通り。上から順に5つの資質。

 

  1. 最上志向
  2. 学習欲
  3. 収集心
  4. 個別化
  5. 未来志向

 

テストを受けたあと、本を読んだり、色々な方がYouTubeで紹介されている動画を観て、これらの資質について学んでみました。

 

「最上志向」(強みに注目し、優れたものを最高レベルに変えていく)や「学習欲」(勉強することが好き)は割と自覚していたものの、その他の資質はこれまで意識したこともなかった。

「収集心」というのは、私はデータや情報収集、分析などが好きらしい。確かに、データ分析系の仕事などは、すごく好きという訳でないものの、昔からエクセルやSQLを使う業務は得意であった。

「個別心」の強い人は、平均思考でカテゴライズされることを嫌うらしい(動画でコーチの人が言ってました)。確かに私は、「女性だから」とか「慶應だから」みたいなカテゴライズをされるのは鬱陶しくて大嫌いです。

「未来志向」については、意外だったかも。確かに私は、先々のことを日頃からよく考えるのですが、それって普通じゃないのかな。みんな、世の中の人たちは未来のことを考えていると思うけどな。。違うのかな?

 

*

テストを受けて5つの資質について理解した後、更に34の資質すべての順位について気になって、ギャラップ社のサイトから追加料金を課金し、更なる詳細レポートを入手しました。

結果は、以下の通り。

 

 

 

私の場合、上位10の資質が「戦略的思考力」に偏っていることが判明。

「適応性」「調和性」「包含」など、人間関係の構築にかかわる資質がいずれも30位台。そんなに人間関係を構築する能力が低かったなんて。「社交性」も30位になっているし、こんなこと自分でも気が付かずに過ごしていた。

確かに私は、「日本人ならではの根回し的なコミュニケーション」や政治的コミュニケーション、あとは「女性同士で皆で集まってランチ会や飲み会をしましょう」みたいな会社の集まりも昔からすごく苦手だった。

過去の教訓から学んだことは、仕事の環境としては「日本人的な上下関係や、根回し、不必要に周囲に同調することを強いられる環境」を極力選ばないようにする、ということ。

 

*

まずは上位10の資質について学んで、より強みを生かせるような生き方・働き方をしていきたいと思いました。